hudsonbay’s blog 国際結婚ライフ

カナダ人夫とのアウトドア生活

日本の結婚ビザを自力で獲得する方法

結婚ビザ。つまり日本人の配偶者ビザの申請について。


人気ブログランキング

個人的には、プロの行政書士の方を雇い、10万円の費用を払わなくてもいいとおもいます。
プリンターが無くても、パソコンさえあれば自分で作成できます。私はプリンターがないのでコンビニのプリンターを使いました。

もちろん、お金に余裕があったり、忙しくて時間をお金で買いたい派の人はプロにおまかせするのもおすすめです!

私は貧乏性なので、自力でやりました。

ビザの申請経費は過去の家計簿を見て確認しましたが15710円でした。

入国管理局への書類提出は郵送では対応してくれないので、自分が一日休んだときの給料から引かれる額(この時は、有給がなかった)と、遠方への交通費を考えると、行政書士さんに日当を払って代理で提出してもらったほうが安いので、書類提出のみ行政書士さんを雇いました。
彼は提出書類に不備があるようなら追加料金で手直ししてくれるという話もしてくれましたが、提出書類に不備はなく、追加料金無しの日当の支払いですみました。



この行政書士さんの日当込みで15710円でした。



配偶者ビザ申請に必要な書類は以下のものです。

在留資格認定証明書交付申請(日本人の配偶者)

○「申請人」とは,日本への入国・在留を希望している外国人の方のことです。

ポイントはパソコンで文字入力できそうなファイルならタイプする、出来なければ手書きする。

1 在留資格認定証明書交付申請書 1通

→ダウンロードして記入

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉
→撮影日から三ヶ月以内のもの。カナダ添のLondon Drug というドラッグストアで夫は撮影しました。証明写真をその場で発行してくれます。画像データもくれますので、先にメールでデータをもらい、国際郵便シてもらわずに、日本のコンビニでプリントアウトも可能。意外と便利です。
※私は申請書に貼るときに名前を書くのを忘れたので注意!!この写真は夫のビザだけでなく外国人登録カードに利用されていました。

3 配偶者(日本人)の方の戸籍謄本(全部事項証明書) 1通
→戸籍の有効期限は三ヶ月なので期限も逆算すること!

4 申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書 1通
→私はカナダブリティッシュ・コロンビア州発行の結婚証明書、その翻訳(自分で訳しました)を添付しました

5 配偶者(日本人)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
→私はその前年の納税証明が手にはいらなくて、税金を一括で郵便局で支払ったときの、市からの請求書明細と、支払後の領収書を提出しました。税金を未払または、滞納してないことが重要らしく、税金支払いの請求書が来てすぐに支払いしたので、それも良かったのかもしれません。

6 配偶者(日本人)の身元保証書 1通
→PDFダウンロードして記入しました

7 配偶者(日本人)の世帯全員の記載のある住民票の写し 1通
私はひとり暮らしで世帯主ですが、役所窓口に背万世帯全員であることを証明したいというはなしをしたら、全員について記載していますと言うような文言を入れてくれました。

8 質問書 1通 
→これが一番重要です!!!
わからないことは入管に電話して確認しました。ここにほとんどの時間を注ぎました。規定用紙の中では、書ききれなかったので別紙につづきましたし、証拠の写真等と紐付けしました
      
9 スナップ写真(夫婦で写っており,容姿がはっきり確認できるもの)2~3葉
→私は三枚以上送りましたが帰ってきました。本当にニ、三枚でいいようです。

10 392円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒
※ 返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載
→この封筒で提出した写真と、結婚証明書、納税証明になる書類が返ってきました。

書類作成にはGWの連休をすべて使いました。国際結婚した友達の経験や、インターネットで調べた情報により審査に三ヶ月はかかるだろうという予想で、夫が9月に来れるように五月のGW明けに書類を提出しました。もしビザ申請の許可が9月におりなければ、嘆願書を書いて審査を早くしてくださいというお願いを書くつもりでいました。

しかし、なんと、、
申請書提出7日でビザの許可がおりました
7日!?
嬉しいけど、早すぎる
この時は、夫と二人で喜びたいけど全然準備できてないし、、どうしよう、、と戸惑いました

とりあえずEMSというトラッキングのできる国際郵便でビザ申請許可書をおくり、夫がカナダの日本大使館にてビザ申請し、すぐにビザがもらえました。

このあとはドタバタで8月に夫が来日しました。

2月に結婚→5月にビザ申請→5月にビザ獲得→8月に来日の流れです。怒濤の半年でした。思ったより早くことが進み、仕事もフルタイムでしていて、情報収集も全部自分一人でやりましたので、正直、気が狂いそうになりました。
元々カナダで永住権を申請するつもりだったのでビザ申請のために取っておいたものが役に立ちました。

夫の引っ越しに関わる別送品の輸入や税関の申告などなど、昼休みに、わからないことを税関に質問したり、バタバタしました。おかげで関税の計算に強くなりました。

結婚した月もバタバタしたのでまた別の記事で書きます。

ちなみに、カナダのワーホリビザも見様見真似で英語もパソコンもわからないなりに、なんとか自力で申請できました!もうやりたくないです。
いつか二人でカナダに移住することになれば、その時はプロに頼むかも!?それか、夫とがんばるか、、。