hudsonbay’s blog 国際結婚ライフ

カナダ人夫とのアウトドア生活

たたみマンと緑茶女の経済状況

国際結婚した人は将来設計が立てにくいのではないかと思います。お互いの住みたい国が一致しているのならいいと思いますが、、うちはまだ地に足がついてないので将来への舵をきれません。根無し草みたいな感じです。

(ちなみに、地に足をつくという言葉は英語ではdown to the earth といいます。ひねりなしの単語そのままの意味で驚きました)

私もカナダに住めるなら優雅なマダム生活を送ってブログにお金とテマをかけてみたいものです☺️もしくは、違う趣味とか?

選んだ伴侶が金持ちではなかったのでその夢は叶いませんでしたが。。そこはお互い様でしょうがないですね😛
カナダから引越し費用を何十万もかけ、引越し荷物別送品関税手続きという面倒なこともやりおえてやっと日本に住みました。さらに新車まで買ったので(もし日本を離れても売れるようにです。)カナダに戻ることは今更できません。後には引けなくなっています。
でも、いつかは、戻ることがあるかも?しれません。もしくは別の国に住むかも
?しれません。

互いにいい年齢なので持ち家はほしいと思っています。

どこの国、どこの地域に住むか決まらないので、まだ不動産は買えず、いつか家を買うときのためにとりあえず、資産をためています。

旅行のために働かない月が年に一か月はありますが、源泉徴収票と家計簿を照らし合わせてみると、手取りの九割は貯金に回せていました。節税も手探りですが、できることは大雑把にすべてやっています。

最近はとくに医療費がかなーりかさんでいますが、我が家の場合は医療費控除以外にも、会社の福利厚生を使う手段があり、それで医療費削減をはかっています。



月に二万円千円以上医療費がかかるとレセプト後(早くて三か月)に二万を越えた分を キャッシュバックしてくれるんです。その他、福利厚生で無料で胃がんとピロリ菌の自宅検査ができるので、夫と二人で検査キットを取り寄せて試しました。結果は陰性でした!良かったです🤓
医療費は少ないにこしたことはないです!

使える節税、負担軽減の制度はめんどくさがらずに調べて、利用することにしています。
保険組合の審査部に聞いてわかったのですが高額医療費って月上限十万円だと思っていたら、そうではないらしく給金によって上限が変わるそうです。。夫が入院してもなんとかなる!
と思っていましたが、限度額が予想を上回っていたので通院治療で頑張って欲しいところです😵

家計簿をつけたり、クレジットカードと現金、ポイントカード(ポイント○倍デー
)も使い分けたりして月の出費を減らしたり、見直しをしています。仕事もしているのでガチガチにそのお店のお得日カレンダー通りには買い物には行くことができませんが😵

インターネットではいろんな節約術情報が氾濫しています。皆が皆それに当てはまるわけではないので、参考までに見ることもありますが、我が家は我が家なりにオリジナルな方法で頑張っています🤙🏻
生命保険も皆が入れるとは限らないし、住宅ローンも税控除のために、組んだほうが損なことがあるし、、など。
私にはそのへんの損益分岐点を見極める事は難しいので確実なものをじっこうしています。


買い物は基本的に歩くので、ガソリン代も月に0- 2千円くらいです。サーフィンに行く月(夏、秋)は毎月給油をします。


一応、夫は非課税枠でカナダ・ドルを稼ぎ、私が日本円を稼いでいます。現金、株、現物、外貨(私達の国以外)に分散しています。インフレが来ても大丈夫なはず!ですが、細かいことは人れぞれ家庭の事情があるので講釈を垂れることはしません。


私は心配症なのでケチケチしてしまいます😣
ああ、、セコセコしないで、ビルゲイツ並のお金持ちになりたい。。(無理無理無理)

こんなこと言うと、夫は、今の僕達ならインドネシアに行けばミリオネアになれるよー!!としつこく言ってきます。

今の自分には、非現実過ぎるので彼には一瞥くれて、、スルーしています。
彼の前向きさは見習らいたいと、常々思っておりますが、わたしが現実主義すぎて、、、分かり合えないこともあります😬

ちなみに私の職業は漢字だけで書き表せる職業で、胡散臭いものではありません🤓




人気ブログランキング